「自由」に楽しめるスポーツであることを願って|Japan Freetennis Association

日本フリーテニス連盟公式ホームページにようこそ!

テニスの動き × 卓球の手軽さ

フリーテニスはテニスコートのほぼ9分の1のコートサイズ (4×7m) で、特別な施設は必要とせず平坦な場所であればどこでもプレーを楽しめます。

 

テニスボールよりも小さな特製ゴムボール (直径5.5cm) を卓球のひと回り大きな木製ラケット (全長37cm) で打ち合う競技です。

 

その簡便性から青少年はもちろん中高齢者の適性スポーツとしても注目されています。

 

 

フリーテニスのあゆみ

フリーテニスは、旧来より板きれなどでボールを打ち合っていた遊びを1950年代に青木泰三氏 (当時、大阪府立大学助教授) らがスポーツとして競技規則などを考案しました。その後、他のよく似たショートテニス競技を統合しながら愛好者の融資団体であるフリーテニス連盟 (1965年) が創立され、1975年には学識経験者らも参画した日本フリーテニス連盟 (会長 青木泰三) が大阪市東成区に誕生しました。

 

初の日本連盟主催の第1回フリーテニス全国大会は1977年に大阪府枚方市にあるサンプラザにて開催。以後毎年開催され、現在40回を越えています。

 

当初、手軽なフリーテニスは高度成長期の職域スポーツとして、ビルの屋上や工場の通路などで親しまれてきましたが、近年は地域や国際的なコミュニティスポーツとして発展しています。第40回記念全国大会には初めて韓国から多くの愛好者が参加しました。

 

なお、日本フリーテニス連盟は戦後登場した最も歴史ある生涯スポーツ団体の一つです。

 

 

写真は「フリーテニスだより」第一号(1971年11月 フリーテニス連盟発行)

※フリーテニス及びFREEは登録商標です。

フリーテニス全国大会情報

  ◇ お知らせ  
 

  2020年9月に開催予定であった第43回フリーテニス全国大会は中止となりました。

 

  新型コロナウイルスの感染防止については、緊急事態宣言が解除され、人々の行動や交流の規制も

  緩やかになりましたが、第二、第三の余波について厳重な対策を講じるようとの専門家の意見が報

  じられ、引き続き、「三密」を避けることの重要性が指摘されています。

  このような状況のなかで200人を超える愛好者が集う大会を催すことは、「三密」を避けるとい

  う社会的な要請に反するのではないかと思料し、やむなく第43回大会を中止することとさせてい

  ただきます。   

   
  ※第42、41、40、39、38、37、36、35回大会の結果はこちらからどうぞ。

 

ページのトップへ